Loading...

折りたたみ傘の実用性

スキー、スノーボード、アウトドアの雑誌で活躍するフリーライター&フォトグラファーでありながら、北海道でアウトドア用品店「Transit 東川」を営む林拓郎氏からTeton Bros.のレインウェア「Feather Rain Full Zip Jacket 2.0 & Pant」のレポートが届きました


晴れた日に傘をささないのは、その必要性を感じないからだ。けれど雨が降るかもしれないなら、折りたたみ傘を持つだろう。もしも出かける前から強い雨が降っているなら、大きくて丈夫なこうもり傘を選ぶかもしれない。

基本的に、アウトドアは好天前提。ハナからこうもり傘をささなくてはいけないような悪天候なら、山はお休みにするのが賢明。お天気が良ければロングトレイルフーディーやクラッグパンツといった高撥水性ウエアを主軸に据えることでウエア選びは成立する。

で、問題は天候変化に対応できる「折りたたみ傘」的装備だ。この部分はもっとも実用的なはずだ。が、今までここにハマる装備が乏しかった故に、ウエア選びは極端に偏ってしまっていた。例えるなら晴れた日に傘をさしたり、にわか雨なのに大きくて重いこうもり傘を持ち出したりしていたのだ。

Responsive image
午前中はきれいに晴れていたが、午後からは予報通りの雨。寒冷前線が通過したので、時に強く降るハイキングとなった。こうして雨に潤う緑の鮮やかさを喜ぶことができるのも、備えていればこそ。ちなみにレインウエアの下は、ロングトレイルフーディーとクラッグパンツ。

好天を前提に行動して、ちょっとお天気が悪くなったらサッと取り出す。そうした折りたたみ傘のようなレインウエアこそがもっとも多く求められるものだ。つまり軽く、小さく、普段持ち歩いていてもじゃまにならない。それでいて、本降りの雨でもしっかり機能を果たしてくれる。もちろん着心地は何よりも大切だ。なぜならレインウエアは不快になりやすい。その中で集中力とポジティブな気持ちをキープするためには、快適さは無視できない要素になるからだ。

フェザーレインは、ドンピシャでここを狙ってきた。筆者は日常的に自転車移動が多いこともあって、バックパックには必ずレインウエアを詰め込んでいるが、これまでのゴアテックス製に比べてフェザーレインは目測で体積70%にまとまり、重量は実測で435gから299gにまで軽量化することができた。魅力的な軽さは15デニールという薄い基布を採用した結果だ。実際のところ、手にとった質感はカサカサと薄く頼りないほど。だが、その実は3レイヤーで耐水圧20000mm。相当な雨に叩かれても余裕であるだけでなく、自転車のサドル周りからの浸水も心配ない。数値上はこうもり傘レベルのタフさを備えているのだ。

Responsive image
フェザーレインを着て驚くのは、レインウエアを着るストレスがまったくないことだ。薄く、軽く、着心地がよく、快適で、雨粒を面白いように弾いてくれる。これなら一日着ていても嫌にならず、雨の日さえも楽しく歩くことができる。状況を見極めて、リスクを回避できるだけの十分な機能を用意しながら、最軽量の装備にまとめる。そうしたTeton Bros.らしい発想こそが、実用性に優れたアウトドア的折りたたみ傘とも言えるレインウエアを生み出した。

が、やはりポジションとしてはあくまでも折りたたみ傘だ。雨には強くとも15デニールの基布は一日中藪こぎをするためのものではないし、物理的な接触には神経を使うべき部分もある。しかし、よりヘビーな雨の日なら、もっと長時間その水圧に耐える素材を選ぶべきだし、ブッシュを抜けて歩くなら物理的な接触にも強い生地を選び取るべきなのだ。フェザーレインは、あくまでも活動時間の80%は好天であり、残り20%の悪天リスクを回避してくれる装備と捉えるべきだ。

言い換えるなら、フェザーレインはめったに使わないことを大前提にしている装備なのだ。それなのに、Teton Bros.は本気を注ぎ込んでいる。このレインウエアはトレッキングや自転車といったアクティビティの動きに超絶フィットしており、抜群の使いやすさを誇っているのだ。なにしろジャケットではフードを顔に密着させる特殊なドローコードを備えており、向かい風でもフードが風をはらみにくい。これは自転車には非常にありがたい装備だ。また視界を妨げないフード形状はあらゆるシーンで快適さを損なわない。そして手首にしっかりフィットする袖口形状と適度な通気を確保する脇の下のベンチレーションホール。パンツはプレーンなデザインで仕上げられているが、中に履いたトレッキングパンツのポケットへのアクセスを邪魔しないローライズなカットを採用し、立体的な形状でヒザの屈伸もスムース&ノーストレス。

Responsive image
特にパンツの履き心地の良さは秀逸。適度に細いシルエットで足運びのじゃまにならず、滑りの良い裏地と動きやすさ重視のカットのおかげで、足上げになんの不満も生じない。なんならよくできたトレッキングパンツとしての評価を与えてもいいほどだ。

相変わらず、かゆいところをきちんとかいてくれる心地よさよ。Teton Bros.のプロダクトには概ね、こうしたクレイジーとも言える「分かってる感」が宿っている。そのクレイジーさの源は、コンセプトが明快、ということに他ならない。つまり、狙っているところはガッチリ取りに行くけれど、その他の部分は潔いほどアッサリと切り捨てる。

コンセプトがわかりやすいのは、行動内容を正確に評価しているからだ。考えられる雨の状況や風の状態を加味しながら、傘は必要なのか、必要なら、どんな傘で、どんな大きさで、丈夫さや携帯性はどうあるべきか。その傘はどのくらいの時間使うのか。使い終わったらどこにしまうのか。そうしたことを細々と想定し、実地テストを行い、削ぎ落とすべきものは迷わず削ぎ落とし、必要な装備は躊躇なく付け足す。こうした作業を繰り返すことで、製品アイデアは磨き込まれ、具現化されていく。

Responsive image
絶妙のポジショニングでバックパックのストラップを避けて設けられているベンチレーター。透湿性を備えているウエアでは必要ないと切り捨てられることもある装備だが、オーバーヒートしてレインウエア内が結露する不快感を予め回避できるとして採り入れられた。結果、透湿よりも早くムレを放出する機構として快適性に大きく寄与している。

軽く、コンパクトになるレインウエアはたくさんある。それを求めてUL系の製品を使う人も多かった。けれどほんとうの意味で「好天のトレイルを楽しんで歩く人が、万一の悪天候に備える」レインウエアは稀有だった。

全員がショーツではないのだから、パンツにはある程度の渡りが必要になる。スムースな足運びのためには、トレッキングパンツとの適度な滑りが必要だから、裏地のある3レイヤーは必須だった。大きなバックパックを背負うこともあるのだから、ジャケットの肩幅にも余裕は持たせたい。何よりも背中には、バックパックの重さと歩行による摩擦に負けない丈夫さを備えた生地が必要になる。このため、新たに生地の開発まで行った。結果、Teton Bros.では軽くコンパクトでアウトドアアクティビティに広く対応する、これまでになかった本物の「折りたたみ傘」的レインウエアを実現させてしまった。

Responsive image
最後に付け加えるなら、フェザーレインはジャケットもパンツも4方向のストレッチ素材を使っている。防水透湿でストレッチ。しかも薄くて軽くて着心地がいい。これ以上にアウトドア向けの折りたたみ傘を探すのは、ちょっと難しいかもしれないと感じている。

フェザーレインがあれば、好天が悪天候に変わるかもしれないタイミングでも行動を制限しない。まるで動き続ける慣性力を維持するかのように、それまでと同じ勢いを保つことができる。それは熱意という、僕たちが最も失いたくない要素をキープさせてくれる大切な機能でもあるのだ。

(ライター:林拓郎 / Photo:PECO)

Feather Rain Full Zip Jacket 2.0 (Unisex)

¥ 26,000

Feather Rain Pant 2.0 (Unisex)

¥ 18,000